2018年05月27日

「ミセスジャパン2018」(高橋望さん)出場する。

・香南市のミカン農家(高橋さん)四国から初めて挑戦する。
 「ミセスジャパン2018」日本大会=女性の生き方や魅力を当てる。

・「農業の魅力を女性目線で発信しイメージを変えたい」意気込んでいる。

・ミセツジャパンは女性むけイベントやセミナーを企画し札幌の企業が
 2016年に始めた。=(結婚・子どものいる女性が対象)

・【ヤング(25歳〜42歳)】・【クラシック(43歳〜69歳)】

・「日本代表」で選ばれた「10人が世界大会」に出場する。

・香南市の山北ミカン農家(高橋さん)農家の高齢化や手不足で
 「魅力ある農家を発信したい」=挑戦をきめた。

・予選は全国6ケ所で行われた(高橋さん)東京大会に出場した。
「地元で立ち上げたマルシェの取り組みや食の大切さなどスピーチ」

・四国で初めて日本大会への切符つかみ取った。
(高橋さん)視野が広かってきた、命の源でもある食をつくる農家
 絶対なくてはならない、楽しくすてきな職業。
 



にほんブログ村 地域生活(街) 四国
ブログ 高知(市)情報へ
posted by マスター at 06:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

・・・ 【踊りは民衆の心の躍動】 ・・・

・1954年(昭和29年)⦅21団体 750人が参加し始まった⦆

・【【よさこい祭り】】翌年は1600人の30団体だった。

・地方車が登場・生演奏など自由度が高まった・競演場には
 踊り子らの接待所が設置された。

・「じんま、ばんば、」「ヨッチョレ、ヨッチョレ」歌詞が下品だと批判された。

・6回大会にはテレビ中継も始まり!!!

 ・・・【土佐の夏の風物詩となり定着した】・・・

・誰でも踊れる観客を魅了する、老若男女、多様な自由な祭りが続く

・作曲家(故武政英策さん)郷土芸能は民衆の心の躍動!!!

・草創期から祭りを下えた(故浜口八郎さん)民衆の心の踊り!!!
・・・老も若も男も女も踊らなソンソン【第65回よさこい祭り】
にほんブログ村 地域生活(街) 四国
ブログ 高知(市)情報へ
posted by マスター at 17:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第65回よさこい祭り」(8月10日・11日)207チーム申し込み。!!!

・「第65回よさこい祭り(本番8月10日・11日)申し込み207チーム
 申し込みが25日に締め切られた。!!!!!!!!!!!

・「主催」よさこい祭振興会・県外からの参加69チーム(初出場13チーム)

・踊り子総数1万8千人 外国のチームや日本チームと合同で参加するチーム

・20年前の1998年は124チーム 2003年第50回190チーム
 2013年第60回216チーム 最近は200チームを超えている。
 【第65回 よさこい祭り】(本番8月10日11日)申し込み207チーム
・・ 【県外 69チーム 200超え 6年連読 踊り子数 約1万8千人】
にほんブログ村 地域生活(街) 四国
ブログ 高知(市)情報へ
posted by マスター at 05:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする